本船は伊豆東海岸富戸港所属です


3名様からの仕立船で出船は自由です、1名様10,000円〜(キンメ、アコウは15,000円、尚2名様の場合は1名様20,000円)



船長からのおしらせ
1.現在水温 8月1日23.0℃(富戸沖)。
2.キンメ、アコウ、アカムツ、べニアコウ釣は東部一本釣協議会の取り決めで、毎週火曜日と12月31日、正月1月1日〜3日と8月14日〜16日は禁漁。
3.年間キンメ投入時間 2月5日(5時40分) 3月10日(5時20分) 3月24日(5時00分) 4月16日(4時40分) 4月28日(4時20分)
  5月17日 (4時00分) 7月25日(4時20分) 8月22日(4時40分) 9月19日(5時00分) 10月22日(5時20分) 11月11日(5時
  40分) 12月1日(6時00分)但し、職業船がいた場合20分遅らせる 出船は3時40分(10月21日まで)投入時間の1時間20分前に出航
 
4.川奈沖、初島周辺、網代沖のコマセ釣り開始時間
 11月16日〜3月31日 (午前6時30分) 4月1日〜4月30日 (午前6時) 5月1日〜9月15日(午前5時30) 9月16日〜11月25日(午前6時終了は日没まで
) (川奈沖のワラサは12時納竿)
 上記以外の釣開始時間(コマセ釣りも含む)
  4月1日〜5月31日(5時30分〜日没) 6月1日〜8月31日(5時00分〜日没) 9月1日〜9月30日(5時30分〜日没) 10月1日〜10月31日(6時00分〜日没) 11月1日〜2月末日(6時30分〜日没) 3月1日〜3月31日(6時分〜日没) 

5.これからの狙いものは、オニカサゴ 、キンメ、アコウ、赤ムツ、アブラボーズ、カワハギ、マダイ、アカハタ等です。
6.乳ヶ崎沖、キンメ釣禁漁期間の設定について「8月1日〜8月31日の間」。規制対象海域以外でのキンメ、アコウ釣は可能 
※ お泊りのご案内   おきひがし荘0557(51)0161 川上ペンション0557(51)3683 あさひ荘0557(51)1276


富戸港の行き方
最近の釣果
予約状況表


釣り船ひろし丸

  tel 0557-51-0964
       
連絡先 fax 0557-51-0964
携帯 090-3953-7112




お客様の笑顔
もっと見たい方はこちら
 2017年10月9日
朝6時からアカハタを狙って、カンパチのイッカ、なんとこの日は別の場所で、トモにいたお客さんの仕掛けにクジラがかかり、水面で呼吸をして仕掛けを切り潜っていった(子供のザトウクジラと思われ、お客さん4名が確認)
 
 同日
続けてアカハタヒット、この女性が竿頭、アカハタ7匹、カサゴ8匹(この日、アカハタの大きなものは1.0s)
 
  2017年9月25日
大島沖で朝5時投入、3流しでお客さん10匹、船長13匹、潮は程よく流れていたが、雷雨がひどくなり4流しで7時終了
 
   2017年9月21日
本日は週刊つりニュースの取材、狙いはアカハタとカワハギ、どちらも潮が動いたときに釣れた、釣行時間は延長して9時間
 
   同日
アカハタは1匹〜5匹、カサゴは2匹〜3匹カワハギは良型がそろって9匹〜22匹(放流した小型は一人2匹〜3匹含む)
 
  2017年8月26日
本日のお客さんは岡本光央さんライトキンメ狙い、一投目ライトキンメにしては良型3匹、二投目からは少し小ぶりになり4時間で15匹、その後アカムツに変更したが顔を見ず、ほかの仲間はキンメ8匹〜13匹
 
  2017年8月24日
本日のお客さんはワームでアカハタ狙い、オオモンハタ(1.3s)とアカハタ(0.7s)が同時に釣れた、二人ともアカハタとカサゴを10匹程度だが小型はリリース、アカハタのお客さんは0.9sのアカハタもゲット、カサゴよりアカハタのほうが多かった
 
  2017年8月23日
本日のお客さんは高橋さん親子、狙いは港沖のライトキンメ、お父さんと二人でキンメ24匹、前日興奮して1時間しか寝てない息子さんは、南からのうねりで揺れるキンメの入ったこのクーラーの上で1時間爆睡、将来は大物
 
  2017年8月14日
本日のお客さんは可愛いカナちゃん御一家、カナちゃんの一人舞台でオニカサゴ0.9sこれが3匹目、他にアヤメカサゴとフサカサゴ
 
  2017年8月13日
朝5時から浅場のカサゴとアカハタ狙い、中央のお客さんはアカハタ15匹カサゴ10匹、ワームでも0.9sのアカハタが釣れた
 
 2017年8月11日
本日は息子さんと二人で狙いはオニカサゴ、動かなかった潮が通し始めると、1.3sのオニカサゴ他に0.6sのオニも、他にアヤメカサゴ、ユメカサゴ、フサカサゴなど
 
 2017年8月10日
朝、港沖でライトキンメを狙い10匹二人、19匹一人、その後アカムツに変更したがムツが2匹〜4匹他にユメカサゴ
 
 2017年8月6日
朝、港沖でライトキンメを狙う、4時間で2匹〜17匹、その後場所を変更しアカムツを狙ったが顔を見ず
 
 2017年7月29日
朝、大島沖でキンメ狙い、型の良いキンメ9匹、ほかの二人は1匹と3匹、その後魚探に反応もなく上の潮だけ早いので、針数を減らし港前のライトキンメに変更、潮も動かなかったが時間を延長し(サービス)小型ながらキンメを4匹〜9匹
 
  2017年7月23日
本日のお客さんは、岡本さんと北海道からの御夫婦、港沖でライトキンメ(本命はアカムツ)を狙って一投目に岡本さんにキンメと2.2sのクロムツ、奥さんにもキンメと1.5sのクロムツ
 
  同日
旦那さんにも2.0sのクロムツが、キンメは小型ながら二人で27匹(お二人とも深場は初めて)
 
   2017年7月19日
大島沖でキンメ狙いお客さんは一人、一投目お客さんはキンメ5匹、船長11匹、二投目には反応なし、深場に移動しお客さんが1.8sのキンメとアコウ1匹
 
  2017年7月9日
大島沖でキンメ狙い、ライトキンメは経験あるそうですが深場は初めて、二人でキンメ40匹程度、11匹はクーラーに入らず
 
 2017年7月8日
大島沖でキンメ狙い、三人のお客さんの釣果はキンメ20匹アコウ1匹、キンメ22匹、キンメ29匹メダイ1匹、本日も二枚潮だったが流すたびにキンメがボチボチ、アコウは最後に1回だけ550m立ちで
 
 2017年7月7日
大島沖でキンメ狙い、一投目は魚に逃げられ、二投目は二枚潮、でも中型のキンメを9匹〜11匹、その後11匹のお客さんが5匹追加、その後550m立ちで最後アコウを3匹大きいものは2.6s
 
 2017年7月6日
本日はつり丸の取材、5時30分からアカハタ、カサゴ狙い、潮が良くて7時にはOKが10時に早上がり、アカハタに交じり良型のカサゴも
 
 2017年6月26日
朝8時30分からアカハタ、カサゴ狙い、最初は潮が動かず苦戦、途中から潮が少し動いてボチボチ、大きいので0.8sクーラーは三人分(一人10匹前後)
 
 2017年6月17日
朝6時からイサキ狙い、潮が動いている間はメジナ交じりでボチボチ、イサキは二人とも10匹前後、メジナ二人で7匹(イサキはまだ卵を持っています)
 
 2017年6月16日
1.2sのアカハタ、他にもう1匹アカハタとカサゴ大小11匹、他の仲間はカサゴとアカハタ合わせて3匹〜7匹
 
 2017年6月11日
前日のお客さんに2名加わり仲間4名で、アカハタ、カサゴ狙い、本日はほとんど潮が動かず苦戦、こちらのお客さんだけ、1.0sのアカハタのほかカサゴ10匹、アカハタ計3匹
 
  2017年6月10日
朝6時から一つテンヤでカサゴ、アカハタ狙い、まず息子さんがカサゴ、フサカサゴにまじりマハタを、続いてお父さんもホウキハタ、アカハタとボチボチ釣り上げ、二人でいろいろ交じり16〜17匹程
 
 2017年6月7日
朝5時からイサキ釣、潮が動いている間は元気をするが止まると全く口を使わない、中型中心に3匹(初心者)〜16匹
 
 2017年6月3日
大島沖のキンメ狙いだが、朝風が強く出船を遅らせ、4時から港と大島の間の根を狙ったがスミヤキ1匹、その後大島沖へ移動するも魚探に反応なし、560mでアコウを狙う、お客さんは3名真ん中の人だけアコウ4匹、0.6s〜2.4s
 
  2017年5月27日
本日は浅場のカサゴ、潮が動かず苦戦、大小交じりで5匹〜8匹
 
 2017年5月25日
本日のお客さんはテル岡本さん、新しいベニアコウ竿のテスト、二枚潮でスパンカーをたたんでラインを追いかけるのに一苦労、三投目に34sのアブラボーズ(さすが)
 
 2017年5月24日
朝5時30分釣開始、メジナ交じりでボツボツ釣れイッカ、トリプルも、お腹がポッコリしたイサキが20匹〜25匹(ウリボウなし)、メジナも2匹〜5匹、ウメイロ1匹、全員満足、仲間の船は違う場所で1sオーバーがあったそうだ
 
 2017年5月19日
いい群れに当たると、トリプル二人同時に
 
 2017年5月19日
大島沖でキンメ狙い、朝4時投入、投入前高く上がっていた反応がしぼんできたが明確な当たりがあり、ほかに船がいなかったので長く持っていたらお客さんは12匹、二投目は7匹、朝から少ししか動かなかった潮が止まり、10時終了までスミヤキ1匹
 
  2017年5月5日
大島沖でキンメ狙い、朝二枚潮だったが0.6s〜1.0sのキンメを5匹〜8匹、二投目は外して三投目3名で3匹、その後深場に移動、1.5s〜3.5sのアコウを計4匹
 
 2017年5月3日
朝6時過ぎ港前でオニカサゴ釣を始めた、9時近くまであまり潮が動かず、潮が動き始めると魚探に魚の反応が出て0.3s〜1.05sのオニカサゴがボチボチ釣れ、4名で11匹、ほかにフサカサゴ、キダイ、小型のアラなど
 
 2017年4月28日
大島沖でキンメ狙い、お客さんは一人なので船長も竿を出す、職業船がいたので10分遅れの4時30分投入、小型はリリース0.5s〜0.8sを6匹〜7匹、その後5回ほど当たり深場へ移動、深場では大型のサバ5匹のみ、黄色のクーラーがお客さん、赤が船長(22.0s)
 
 2017年4月22日
富戸と大島の間でキンメを狙った、4月14日には釣れたキンメが一匹もつれず、550mでアコウを狙って20s程のブラボーズ1匹、ほかにアコウを1匹
 
 同日
朝5時40分釣開始、南西からのうねりが大きく潮も動かず苦戦、7時前3.0sのマハタゲット「今日はこれを釣ったからもういいや」と言いながら時間延長
 
 2017年4月14日
朝、職業船がいたので投入は10分遅れ5時10分、手前のお客さんは1投目15匹、その後5匹が3回の30匹、ほかのお客さんは20匹前後
 
 2017年3月30日
朝、南に程よく流れていた潮も二投目には止まり、三投目普段は流さない場所に変更、同じような潮だったが、3.8sの初ベニアコウをゲット、後ろのお客さんも3月12日に初ベニアコウをゲット、3月20日もベニアコウ初釣り
 
 2017年3月23日
港沖で朝二流しキンメを狙う、二枚潮で1〜4匹程、同じ場所で針数を減らしアカムツを狙ったがクロムツとキンメ、場所を変え10時半ごろから二流しアカムツをゲット、すべてがイッカ
 
 2017年3月20日
普段はキンメ、アコウ,メヌケなどを狙っているそうですが本日ベニアコウ初挑戦、思うような潮が流れず最後の5投目、5.5sのベニアコウを見た瞬間舞い上がって大喜び「おめでとうございます」、本日お客さんお二人上がったのはこの1匹
 
 2017年3月19日
先週はベニアコウ、今日はキンメとアコウ、朝一投目は潮が流れずカラ、二投目三投目に小型のキンメを釣り深場に、550m付近で毎回アコウをゲット、大きなキンメが釣りたくて場所を変えてもこのアコウ(船長はアコウ7匹)
アコウ2s位が6匹、1s位が4匹(産卵期で釣れたアコウが卵を出す)
 
 2017年3月12日
下潮は過去にない速さで動き、いつもは4流しがやっとだが5流しできた、サメを2匹釣ったが「今度のあたりは違う」といった4流し目に
3.4s、4.3s、7.4sのベニアコウゲット
 
 2017年3月8日
本日の狙いはアカムツ、朝6時二流し300m立ちのキンメを狙い5匹〜10匹(3人で20匹)、潮はあまり動かなかったがアカムツに変更して1匹、最後の流しに4匹(一人イッカ)
アカムツ0.7s〜1.7s(1匹〜3匹)

 
 2017年3月5日
信じられません!、水深670m、PEライン1.5号リーダー20号、700gのジグでアブラボーズが、先に別の場所で15sオーバーのバラムツが上がったので(最初は根掛、その後何とか上がってくる、動いた魚だ、30m上がったところで30m走った、バラムツかも?、最後はアブラボーズに変身)
 
 同日
市場で計量すると66.4s、本日のお客さんは名古屋から、お客さんも大騒ぎ、脇を通るダイバーさんも大騒ぎ
 
 2017年2月19日
お客さんは1名、初めてのベニアコウ釣、一投目船長に2.8sのベニアコウ、二投目また船長に7.3sのベニアコウ、4流ししたがこの2匹のみ、船上で写真をお願いしたが写ってなかった
 
 2017年2月12日
今日お客さんは2名、朝ライトキンメで2匹〜7匹、後半アカムツを狙って終了間際、船長も含め3人で4匹、その後一人が2匹、クーラーの上の2匹が船長が釣ったもの2匹で2.2s、小さいのが0.5s
 
 2017年2月3日
アカハタ1.0s本日は餌釣り、潮が流れない時間は長かったがカサゴ、小型のアカハタ交じりで10匹ほど、ほかの二人は少し少なかった
 
 2017
  2016年11月29日
今日の狙いはアカハタ、堂突2本針エサは冷凍イワシ数種類、ポイントに入ると大小のアカハタがボチボチ、カサゴが2〜3匹混じって左のお父さんは放流も含め26匹、息子さんは16匹か19匹(どちらか忘れた)、大きなものはクーラーの下にあり1.2sが2匹、写真のアカハタは0.9s
 
 2016年11月12日
今日は大島沖、お客さん二人なので船長も竿を出す、小型が多かったが二人で42匹、このお客さんは大きい方から交互に取り、同じ数だけ持っていく、サメに三回やられ船長の私は二度も
 
 2016年11月5日
今日は岡本光央さんと仲間二人が1000mを狙った、三投目最初に上げた岡本さんの仕掛けに、2.5m、200s以上ありそうなサメが、岡本さんがイバラヒゲを船の後方に投げ、サメがこれに飛びつき、いなくなったところに、5.5sのべアコウがポッカリ

 
 2016年11月4日
朝6時半から12時半待て゛カワハギ狙い、その後時間延長して3時半まで、一つテンヤでアカハタ狙い

カワハギ最高が25匹、初心者が15匹、アカハタの大きいのが0.7s(船長含め4人で21匹)、他にカサゴ2匹、石垣ダイ(スレ)1匹
 
 2016年6月14日
朝7時出船カワハギを狙うが、前回6月6日より潮が動かず16匹〜23匹
29pのカワハギが2匹、その下が27、26p、小型が少し混じる
 
   2016年6月10日
本日お客さんはお忍びで一人、ネットに顔を出したくないとのことで船長がモデル、朝から釣れ続け写真が本日最高の2.5s
0.5s〜2.5sをお客さんが30匹程、船長が57匹、メダイ3匹、小型の黒ムツ1匹
 
   2016年5月14日
富戸沖でキンメ狙い、0.7s〜1.2sを4人で4匹、小型が2匹、その後アカムツが釣れ一流し4人で6匹、その後2匹、1匹、この日は「週刊つりニュースの取材」
 
   同日
一番大きな赤ムツは、1.5s
右側の二人は赤ムツ釣本日デビュー、タックルは岡本光央さんが用意してくれました
 
 2016年3月5日
本日、岡本さん仲間3人でベニアコウ狙い、あまり潮は流れなかったが、1投目に7.0sと3投目に3.2sをキープ
この日の潮は、朝は南、その後南沖、最後は止まり大変、さらに途中から二枚潮
 
 2016年2月11日
11時から後半2時間で、小型ながら赤ムツ6匹、2.0s前後のメダイ4匹。前半は小型のキンメ、ウケグチメバル、小型の黒ムツ等が釣れた
赤ムツ0.6s〜1.0s、0匹〜3匹、小型のキンメ2匹〜3匹(計9匹)
 
2016 
 2015年12月31日
29日から連続3日目、水深1000mの釣は初めて、50sオーバーのアブラボーズと3.0sのベニアコウ、一言「やってまったーァ」「毎日楽しかった」
アブラボーズは一投目、ベニアコウは四投目
 
  2015年12月30日
前日と同じお客さん、アコウ釣は3回目、初めて釣ったアコウの行列に大興奮(5匹)、デジカメのモニターを見て「宇宙人みたい」と一言
朝二流しで小型のキンメ二人で8匹、三流し目に二人でアコウ6匹、この後潮がおかしくなり釣れず
 
 2015年12月19日
本日は、岡本さんが取材で乗船してくれました、ムツ五目狙いが5本針にキンメが4匹、ムツの顔は見れなかったけれどキンメが9匹、他の二人のお客さんも7匹(板金1匹)と9匹
キンメ0.4kg位〜0.8s位
 
 2015年12月5日
定置網にザトウクジラが迷い込みました、かなり大きいそうです、定置の職員は逃がすのに大変苦労しています
防波堤から撮影
 
 2015年11月21日
岡本さん朝第一投目、オモリが底について投入時間を記録中(10秒以内)に当たり、この後潮が止まって辛抱の釣だったが、場所を変えるたびにヒット
オニカサゴ0.6s〜1.7s5匹、大型がそろった「釣り場速報掲載予定」
 
 2015年4月25日
お客さんは11名、イサキ組とカワハギ組に分かれて分乗、後半はオニカサゴ、うちのカワハギ組はカワハギ2〜4匹、型はまずまず、オニカサゴに変えたら、タカ足ガニ、オニカサゴは初心者が3匹、イッカもあった イサキ組は赤イサキとマハタ
 
 2015年4月22日
お客さんは一人、富戸沖で6時30分投入、一投目に9.0sのベニアコウをゲット、潮は南に少し流れていたが、2投目から流れなくなり、その後の3流しで船長の私が沖ダラ2匹
沖ダラ11.0sと5.0s
 
  2015年
 2014年4月15日
お客さんは一人、こんな時は船長も竿を出す、すべての流しが当たり気が付いたら!
小さいキンメは残し、お客さんは二つのクーラーにキンメ7分目、氷を入れて持ち帰る、残ったキンメ62kgを出荷、全部で100kg以上あったかも
 
 2014年4月12日
岡本さん、アブラボーズ記録更新、55kg→79.9kg(電子計で計量)、水深1000m
詳しくは5月5日、釣りビジョンの番組で
 
 2014年2月23日
3人の釣果「さあアコウダイは何匹?」正解は54匹、朝キンメ8匹、メダイ3匹
アコウ0.9kg〜3.0kg、1.5kg以上が多かった
 
 2014年1月3日
水深1000mから新年の挨拶に来たのは
ベニアコウ6.3kg
 
 2013年3月17日
「3名で」集めてみたら18匹
3名合計30匹、1.2kg〜2.5kg
 
 2013年1月12日
朝8時、岡本さんと水深1000mへ、一投目20〜30分程してこの1匹、クーラーに入らず港へ戻る、風が強まり終了
アブラ-ボーズ、62.0kg
(1kg1000円、1匹で6万円でした)
 

もどる